10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこに行くのか~その2。

2010.11.28 20:32| な~んか気になる!
先週の買い物騒動から1週間、我が家は何も変わっていない。


テレビは12月1日配達で、光回線の工事はその1週間後だからだ。
ブルーレイレコーダーは持ち帰りしてきたものの、
今のテレビに接続しても意味ないのでそのまま。
大騒ぎしたのがウソのようだ(苦笑)。


ほぼ底値か!?と思って買ったテレビも、
昨日チラシを見たら、今週はさらに3000円ほど安くなっている(苦笑)。
3年くらい前に我が家と同じサイズのテレビを買ったと友人は、3倍以上の価格だったらしい。
どん帳の掛かった白黒テレビ(この言葉って通じますか?)を知っている世代としては、
今の状態は異常だと思うが、どうだろうか?
モノが安くなるのが悪いとは言わないが、
安易に買い換えられることが良いことだとも思わない。


山奥の実家も25年間使っているテレビを買い換えることになった。
この地デジ化がなければ、おそらく壊れるまで使っていたと思う。
より良い暮らしを望まないわけではないが、
モノを買い換えることがそれにつながるとは、私は思わない。
買い替えに乗り気でなかった母の言葉からもそれは伝わってきた。


そして今回の不本意な「テレビ買い替え騒動」は、
不幸にもその母の認知症のスイッチをONにしてしまった・・・。
夏頃から物忘れが激しくなった事を、本人も気に病んでいた。
効率的に物事をこなすことがで苦手になって、あたふたする場面にも遭遇した。
それでも、地域の方々が独居老人に優しく手を伸ばして支えてくださっていた。
だが今回はお金が絡んだ勘違いで、その方々にも嫌な思いをさせてしまったのだ。
「エコポイント」は役場に買いに行くものだと勘違いしたり、
今月中で今のテレビは映らなくなると慌てたりもした。



「地デジ化」とか「エコポイント」とか「ハイビジョン」とか、
聞きなれないカタカナ言葉が飛び交うことが、まずストレスだろう。
かと言って、わかりやすい日本語に変換して説明してくれる人はそうはいない。
と言うか、変換してお年寄りに説明できるほどの知識がある人がいるのだろうか。
「地デジ化」の必要性にいたっては、説明されたって理解できないのは当然だ。
私も、必要性の裏に見え隠れするモノを感じ取った途端に、
理解する回路の自動制御装置がシャットダウンしてしまったくらいだ。


前に推し進めるだけではなく、そのベクトルが上にも向いてしまう「国策」は、
それを必要としない者にとっては「愚作」でしかない。
が、「国」が決めたことだからとあきらめて従うしかないのが現実だ。
そしてその「国」が、羅針盤の壊れた船のような状態の今、
荒海に放り出されないように、自分の足でシッカリ踏ん張るしかないのだ。


高々テレビごときで、ヒートアップしてしまった(苦笑)。
この激動の時代、私のような一介の主婦は粛々と家事をこなし、
家族の生活を支えて行くしかないと思っている。
このように考えることができるようになったのも、
何らかの自動制御装置が働いているのかもしれない。




ブログランキング参加中です。
よかったら1日1クリックで応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^

 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^     
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。