05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸が張り裂けそう!

2011.06.19 09:49| な~んか気になる!
JIN~仁~完結編、いよいよ今夜の最終回前篇と来週の後篇を残すのみとなりました!


陳腐な言葉でJINについてあれこれ書くのははばかられるのですが、
内野聖陽ファンとしては書かずにはいられません。


内野龍馬の人気は、とどまるところを知りませんが、
当の内野さんは、クランクアップと同時に潔く龍馬を「脱ぎ捨てて」いるはずです。


憑依型俳優(笑)と呼ばれて久しい内野さんですが、
NHK大河ドラマ「風林火山」の山本勘助の時も、間違いなく「降りて」きていましたね^^;
その勘助に一年間どっぷり浸かって抜けきれない私たちを尻目に、
アップと同時にもう違うとこに向かっている踏み出している役者、それが内野聖陽。


それは、その役柄を全身全霊で演じ切った証しだと、
ファンとして誇らしく思えるようになりました、やっと。。。^^;






龍馬が南方仁を道しるべとして道を拓いたように、


果てしなく暗い海を照らす灯台の灯りを、今、この国は求めている。


以前にも書いたが、このJINという作品がそんな時に放送された意味、


運命の日3月11日が、奇しくも大沢たかおの誕生日だった意味を考えてみる。


どう考えても「神が仕組んだ業(わざ)」としか私には考えられない。


それは、このドラマでいう「歴史の修整力」なるものにつながらないか…。


ちなみに私は特定の信仰を持たない。


だたのおばさんの私を、哲学の小径にいざなうこんなTVドラマはかって存在したことがない。


歴史が動く時の混沌とした時代がまさしく今なら、「産みの苦しみ」と歯を食いしばって耐えよう。


だが、己を捧げて時代の扉を押し開こうとする者の存在を感じることができない今、


このJINの世界に身を委ねるしかないのである。






お調子者で新しい物好き。

ついでに女好き。

好奇心旺盛で、体の三歩先を気持ちが走っている。

湧きいずる情熱をあらん限りの言葉と行動で表す。

商才に長けているが、私腹を肥やすことには疎い。

お茶目で陽気だが、孤独な影も併せ持つ。



そして、この日本という国を心底愛していた男、坂本龍馬。




私も叫びたい!




       『戻って来い! 坂本龍馬~~~っ!!』




Ci110613125555.jpg
<JIN公式サイトよりお借りしました。>



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。