07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『JIN-仁ー』完結編 初回スペシャルに寄せて

2011.04.18 11:11| な~んか気になる!
    僕たちは当り前だと思っている。

   思い立てば地球の裏側に行けることを。

   いつでも想いを伝えることができることを。

   平凡だが満ち足りた日々が続くであろうことを。

   昼も夜も忘れてしまったかのような世界を。

   

   けれど、それは全て与えられたものだ。
  
   誰もが歴史の中で戦い、

   もがき苦しみ、命を落とし、

   生き抜き、勝ち取ってきた結晶だ。


   
   だから僕たちは、さらなる光を与えなくてはならない。



   僕たちのこの手で。 








wp01_edo.jpg



『JIN-仁ー』完結編ついに始まりました!



書ききれないくらい書きたいことがたくさんあるけれど、
まずは、この作品に関わられた全ての方に心から感謝します。
立ち上がる力を、歩み出す力を与えていただきありがとうございます!



自分がこの江戸に送られてきた意味を問い続ける南方仁。
同じように私は、この作品が今放送される意味を考えずにはいられない。


冒頭、大沢たかおさんのナレーションを聴いた瞬間に確信した。
それは、偶然ではなく必然であったと。
そして、大沢さんが南方仁を演じることは、運命だったと。


この完結編の放送を楽しみにしていた人は大勢いただろう。
私のように大沢さんや内野さんファンで、
もうすぐ仁先生に、龍馬さんに会えるのを待ち焦がれていた方もいたはずだ。



撮影も順調に進み、その日は大沢さんの43回目の誕生日だった。
一瞬にして、家を学校を病院を町を破壊され、
命を家族を愛する人を失った3月11日。


とにかく、演じ切ってほしい。


亡くなられた方のためにも、残された者のためにも、
そして日本のためにも。



初回スペシャル、私が選ぶMVPは麻生祐未さん演じる「橘 栄」。


  
   負けは許しませんよ、咲。

   おまえは戦(いくさ)のような人生を歩むのでしょう。

   けれど、選んだのはおまえです。

   橘の家に泥を塗ってもその道を選んだのです。

   ならば、勝ちなさい。 

   橘の家のために、

   同じような道を歩む世のおなごのためにも、道を拓きなさい。

   母はここで見ております。

   くじけることは許しませんよ。


   楽しみにしております、咲。
  



   

なんと愛に満ちたはなむけの言葉なのでしょう。

私もこんな母になりたい。


栄さん


関連記事

コメント

遂に始まりましたね。
私は前回からしか見ていませんが、大ファンになりました。
内野龍馬さんの土佐弁もえい~!
この作品の意味、一言一言台詞意味を考えながら、本当に来週が待ち遠しいです。
母の言葉最高でしたね、熱い陽花さんもきっとそんなお母さんだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もこの台詞に涙してしまいました。
まるで自分に言われているような気がして。。。

この初回スペシャルは
迷ってないで進め!というエールのようでしたね。
どれだけ多くの人が勇気を貰ったことでしょうか。
次回も楽しみです♪

ほんとうに なんという運命なのでしょう・・
どうか最後まで撮影が無事に進んで欲しいですi-189
応援する事しか出来ないけれど
精一杯のエールを送りたいです。

私も初回は栄さんに涙ですi-241
そしてどのシーンにも迫って来るものが大きくて
心がざわざわしました。

こんばんは♪

みましたよ。。☆

大沢さんは、星の金貨でファンになりました。。
あれからずい分経ちますが
ますます素晴らしい俳優さんになりましたね。。

陽花さんも、咲の母のような方だと
思っていますよ。。。♪

つまままさん

コメントありがとうございます^^


内野さんの土佐弁を地元の方にほめていただいき、
とてもうれしいです。ありがとうございます!

実は内野さん、土佐弁習得のために前作から何度も高知入りされているんですよ。
言葉でとしてだけではなく、肌で感じた土佐の文化を言霊として、
心に刻もうとされたのでしょう。
高知では、地元の方と夜な夜な(笑)、酒を酌み交わされたとか^^

栄さんの毅然とした態度、そして真に子を思う心、胸にしみましたね。

名無しさん

コメントありがとうございます^^

本当にそうですね。
栄さんにしろ、佐久間象山にしろ、
進むべき道を指し示し、背中を押してくれる頼もしい本物の「大人」ですよね。

優しい言葉を掛けるだけが優しさじゃない…って心から思いました。

ぱださん

コメントありがとうございます^^


たかおさんは「受ける」芝居のうまい方だな~とつくずく思います。
セリフだけではなく、一瞬の表情に万感の思いを込めることができるんですよね。
あっ、もちろん我らがうっちいもですよ(*^^)v

無事に最後まで収録が終わるように、心から祈りましょうね。

梅ばち邸 さん

コメントありがとうございます^^


観てくださったのですね~、ありがとうございます^^
たかおさん、私はJINでファンになりました。


たかおさんはピュアな方なんだろうな~と、
番宣やファンの方のブログのを読んで感じています。
くしゃくしゃ笑顔とくしゃくしゃ泣き顔がとても好きです♥

栄さん役の麻生祐未さんも抜群の演技力で魅せますね~!

ごめんなさい~。
名無しは私です。^^;
名前を記入するのを忘れていました。
失礼致しました。。。

Beeさん

いえいえ~、私もしょっちゅうでございます^^*

また、遊びにお越しくださいね!

ドラマから教わることもたくさんありますね。
このごろ、何を見ても涙がこぼれます・・
このたび、fc2ブログを閉じて、
http://ameblo.jp/windofrosemary
http://blog.atelier-menta.com
に移りました。
よろしければ、どうぞ遊びに来てくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆみたんことミントおばさん

コメントありがとうございます^^

私も最近前にも増して涙腺がもろくなりました。
初回のJINでは、佐久間象山や栄さんが「進むべき道」を指し示し、
背中を強く押す姿勢が胸に迫りました。


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。