07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の道具

2010.07.17 15:31| 未分類
この夏初めて、庭で勢いよく蝉が大合唱しました。
空の色や雲の形、陽射しの強さからすると、明日明後日には待ちに待った梅雨明けでしょう

   「天気予報」なのに「天気結果」みたいな年が過去にありました。
    とっくに梅雨明けしたと思っていたのに、「○○地方は○日に梅雨明けしました。」
    って10日くらい前に遡っての梅雨明け宣言で…;

自分の勘を信じて、お梅さまの天日干し準備を始めました。
漬け込みやシソ揉みの時に使ってしまっていたものを、再度洗って干します。


     IMG_5433.jpg

私の宝物のひとつ竹製の「ショケ」です。
手前の二つは実家の母から譲り受けました。奥の二つは知人に作ってもらったものです。
母から貰ったものは、祖母が使っていたものです。
母が嫁いできた時にはすでにあったらしいので、最低50年以上前のものですね。
特に祖母がとても大切にしていたので、ひょっとしたら曾祖母が使っていたものかもしれません。
とすると、70年から80年前のもので、まさしくお宝ですね。


IMG_5435.jpg   IMG_5436.jpg

見てください!、この素晴らしい細工を。
縁も竹を薄く割いたものや乾燥させた蔓(かずら」できれいに巻いてあります。
私が買ったものは、針金で処理されています。
それにどうでしょう、裏面の美しい模様!
ただ補強するだけではなく、水切りや乾燥で使う時のことや、壁に掛けてしまう時の見た目の美しさまで考えてあるのだと私は思います。実際に私が使ってみてそうなのです。
職人さんの心意気を感じさせる逸品です

この他にも、私が大切にしている道具がたくさんあります。
シソを揉む時に使った大きな陶器の「すり鉢」、木をくり抜いて作った「寿司桶」、お餅を並べる木製の「もろ蓋」、山椒の木で作った「擂粉木(すりこぎ)」、朴の木の「まな板」など等。私の大切な右腕です。
道具について語りだすと止まらなくなるので、また後日^^


IMG_5437.jpg



  お梅さま、もうすぐお陽さまに逢えますよ~
  

  千日紅とアザミです。ガーデニングストーンの隙間から、毎年この時期になると生えてきて、可憐な花を咲かせます。どちらも一年草のはずですが、晩秋に短く剪定しておくと霜にやられることもなく、時期が来ると芽吹いてきます。もちろん、こぼれ種で発芽もします。素朴で可憐なこの花が私は大好きです
関連記事

コメント

使い込んだ歴史が素敵な色になっていますね。
昔の人の手作業は本当に丈夫で美しいですよね。
大切に、大切に又引きつがれていくのでしょうね。
すてきなブログ。e-460e-460e-460

: つままま様

いつもコメントありがとうございますv-290

天日干しをするには、平たいザル…平ショケの方が良いのですが、
2個の丸ショケは洗い物や水切りに便利なので、兼用しています。

昔実家では、穀物や豆類の選別作業や手製の釜煎り茶もこのショケや箙(えびら)を使っていました。
涙が出るくらい懐かしい思い出ですv-352 
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。