03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日を忘れない

2011.09.20 23:56|頑張ろうニッポン!
またまた久々の更新になりました。

私は元気です^^

実家の母の介護認定も降りて、介護プランも決定。

来月から週2回、村内にある施設にデイサービスに通うことになりました。

母はその日が来るのが待ち遠しいようです。

ベッドのレンタル、手すり取付や段差解消の工事も、

『今月中には完了させましょう!』

との、ケアマジャーさんの頼もしいお言葉に、肩の荷が少し降りた私です^^

今からも色々問題が起きるでしょうが、

一つ一つ今できることをできる時にやっていくつもりです^^



その母、今日は避難所で一夜を過ごしています。

急傾斜危険区域、土砂災害危険区域、河川氾濫危険区域にある実家。

台風の影響で降り続く雨を警戒して、

村の消防団が避難所に連れて行ってくださいました。

ありがたいことです^^




さて、東日本大震災から半年が過ぎました。

前記事で紹介したカンゴンさんのブログJKTSです。

時が経つのは本当に早い…と私は感じていました。

ところが、この「半年」を読んで、

自分の認識不足を今さらながら恥じている私です。

2ヶ月、3ヶ月、5か月、そして半年と、

彼女自身の環境も立場も変わりつつあります。

しかし、いつでも被災地に向いている彼女の気持ちは変わることはないのです。



今の私はと言えばどうでしょうか。

TVや新聞の報道を見聞きする時は、

いまだに心をえぐられたような気持ちになったり、

復興していく様子に目頭を熱くしますが、

震災直後のように、被災者の方々の気持ちに寄り添うことが、

いつの間にかなくなってしまっているのです。



そして、こうやって自分の住む地域や家族が、

台風の被害に遭うかもしれないと思った時にやっと、

あの3.11の恐怖や絶望が蘇ってくるのです。

喉元過ぎれば…です。恥ずかしい。




東日本大震災後の4月からずっと見続けている被災地のホームページがあります。

津波で壊滅的な被害に遭った宮城県南三陸町馬場中山地区ホームページです。

4月にNHKの震災特集番組でこの馬場・中山地区のことを知りました。



衝撃的でした!



私が生まれ育った地区も住民の結束力が強く、

18年前の祖母の葬儀では、棺桶まで地区の方々が作って葬ってくださいました。

通夜や葬儀の準備も一切「常会」という自治会が仕切ります。

御幣や玉串も瞬く間に作り上げられていきます。

しかし、過疎化・高齢化が一気に進み、今は半分を葬儀社に委ねている状況です。



この馬場中山地区が震災当日から立ち上げた避難所の運営方法は、

私が育った頃の故郷の「常会」のやり方と驚くほど似ていました。

まずは絶対的な指揮を執れる強力なリーダーの存在です。

失礼ですが、いわゆる高学歴の「インテリ」ではありません。

しかし、「生きていくこと、生き抜くこと」のプロフェッショナルとでも言いましょうか。

その才覚、動物的な直感、何が何でも住民を、

この地区を守り抜くんだという気迫に、ただただ圧倒されました。

今の永田町にないものがここには充ち溢れていました。

もちろん、それは現在進行形です。



そして、このホームページは、

もちろんご自身もこの地区で被災なさった方が運営されています。

バリバリの当事者であるにも関わらず、常に一歩引いて物事を見るスタンスが、

私のツボにど真ん中ストライクの直球を投げ込んだのです。



震災から1ヶ月後に立ち上げられたこのホームページ、

一日も欠かさず更新されてします。

淡々とした短い文章とスナップ写真で構成される記事は、

復興していく我が町を見つめる温かさ優しさに満ちています。



原子力保安員の女性問題まで、震災の記事に織り込む愚行をやってのける「マスゴミ」。

どれだけ視聴者の涙を誘うかを、人気のバロメーターにしていたようなワイドショー。



このホームページを読むと、それがどんなに馬鹿げたことか痛感します。

悲しみの中にも喜びもあり、絶望の中にも希望や笑いもあり、

今日を生き抜くための知恵があり、明日に立ち向かう勇気がある。

そして一日一日を正直に生きていくしかないのです。



今年は大きな災害が続き、今まさに台風で大きな被害が出ています。

「頑張れ」は禁句だと言われても、

やはりそれに代わる言葉を私は知りません。




一緒に頑張りましょう!


頑張ろう ニッポン!



よろしかったら応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^
 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^
関連記事

コメント

自分の身に起こらないと、忘れがちになる・・・
人間の性なのでしょうか?

地震、台風・・日本にはいつでも誰でも
 起こりうることですものね。

忘れないように・・胸に刻みつけておきます。

常に前向きな方々に勇気と希望を感じます。


どうか、お母様の 居住されている地域が
無事であることを 祈っています。

由桜さん

コメントありがとうございます^^


「○○さんの車に乗せてもらって、今、避難所から帰ったよ!」


と、弾むような声で母から電話がありました^^
時計を見ると、まだ6時半…早っ!(笑)


今日は久々のお天気です。
今日干した洗濯物が今日乾くことを幸せと感じること。


こんなささやか日常を剥ぎ取られてしまった3.11。
いや、その後の度重なる台風や豪雨の被害でも同じですよね。

被災された方々のことを忘れない謙虚な生き方をしていきたいです。



陽花さん、こんばんは!!

お母様、無事だったようで安心しました。

被災者の方逹のことを思うと胸が痛みますね。
仲良しブロガーさんが岩手にいらっしゃって
支援をされているので、其処経由でコーラスのみんなに声をかけてバスタオル、タオルケットなど送りました。今から冬に向かってまた必要なものがあったら声をかけてくださいと言っています。
コーラスのみんなに長いスタンスで支援していきましょうねと言っています。
保育園に届けてくださったとのこと、子供たちの元気な様子の写真と一緒にお礼状をくださいました。
私達に何か出来ることはないかと思っているのです。
本当に、既に頑張っているのだから、もっと頑張れと言われてもと思われるかもしれませんが
やっぱり「頑張れ、日本!!」と言いたいですね。

ロココたえさん

コメントありがとうございます^^
そしてお返事が遅くなってごめんなさい。


母が避難所でご迷惑かけるのではないかと心配でした。
しかし、しっかり3食分のおにぎりや飲み物まで準備して来たよ、
と、避難所に電話した時に元気に話してくれたので安心しました。


私達が子どもの頃も、台風が接近するとすぐにおにぎりをたくさんこさえていた母。


『停電する前に、ご飯を炊いておにぎりを作っておく。
 同じく停電する前にお風呂も済ませる。
 枕もとには懐中電灯。
 逃げモ道にモノを置かない。』


危険区域に自宅があるので、こう繰り返し言われて育ちました。
炊飯もお風呂も電気ではなかったのですが、
昼間の明るいうちに避難準備を済ませておくように言っていました。


お陰さまで、私も防災意識は高い方だと自負しています。
これはしっかり私の子どもにも受け継がれています。
何かあってからでは遅いのですよね。
災害で亡くなってしまった方の無念に報いるためには、
「教訓を生かす」ことも大切だとおもっています。
付け焼刃の支援や、単に同情するだけで終わらず、
気持ちに寄り添った支援を続けていかなくては、自戒する日々です。


ロココたえさんのお花や朝焼け、そしてベイビーちゃんのお写真に、
心底癒されている今日この頃です。

私も頑張ります!!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。