03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーラーはなくても・・・

2010.07.23 16:03| 未分類
ついにカードリーダーが壊れてしまいました。
だましだまし使っていたけど、全く作動しない
夕食の買い物ついでに近くのヤマダ電気に寄ってみます。
お梅さまの画像は後ほどに。


今日も暑いです。
言ったところで涼しくならないけど、でも言ってしまいますよね。

       『暑~~~~~い!!!!!』

しかし我が家の中は割と凌ぎやすいんですよね。
開口部が多いことや天井が高いこともあるのですが、とにかく窓という窓は全て開放!
2階など蚊が出始める夕方以外は、網戸まで開け放ったりします。
西日の当たる娘の部屋は可動式テント?みたいものや、寒冷紗(この字ですかね?)を張っています。

クーラーは夫が帰宅した時に、室内温度が30℃を超えた場合、22時までOKってことにしてます。
あまりないんですよね~そんな日は。


前置きが長くなりました


夏と言えば蝉、蝉といえば…そうです内野聖陽主演「蝉しぐれ」です。
NHK金曜時代劇の中でも、名作中の名作です

これについても語りだしたら止まなくなるので、涼しげな画像だけします。
また後日、暑くじゃない熱く語らせてください



文四郎滝2行水

左の画像は若かりし頃の文四郎です。郷廻りの途中、小さな滝の水で手拭いを濡らし一休み。
水も冷たくて気持ちよさそうですが、さわやかな笑顔は何よりの清涼剤です。

右の画像は歳月が流れ郡奉行となった文四郎が夏の郷廻りから寄宿先に戻り行水をするシーンです。台詞もナレーションもない短いシーンですが、手拭いをギュッギュッと絞って体を拭く所作の美しいこと!
もちろん、背筋もピーンと伸びて、鍛え上げた内野さんの体が美しいのは言うまでもありませんが、とにかく凛とした美しさが涼を誘います


    文四郎・おふく


こちらは、紆余曲折を経た文四郎とおふくの、ひと時のそして今生最後の逢瀬…名場面です。

若かりし頃の思い出を語り合いながら、時折、外の蝉しぐれに耳を傾けます。
このドラマほど「静謐」という言葉が似合うドラマをを他に私は知りません。二人とも、涼しげで穏やかな横顔だと思いませんか。


蝉しぐれ [DVD]蝉しぐれ [DVD]
(2004/02/20)
内野聖陽水野真紀

商品詳細を見る
  


ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします
            ↓     ↓
          
         ありがとうございました








関連記事

タグ:内野聖陽

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。