04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわり梅干し作り その2

2010.07.07 23:15|手作り色々
シソ
  きれいに洗ったシソを水切りして、軽く粗塩をまぶし10分ほど待つ。塩でしんなりしてカサが減るので、その後の作業がやりやすい。
  
                                           




シソ2
   ⑤の水分を搾り、揉みやすい分量に分けて粗塩を加えすり鉢で揉み込む。塩の量は酢の物の時ぐらい。濃い紫色のあく汁が出るので、シッカリ搾る。          
   その後、もう一度揉み込みあく汁を搾る。→ここがポイント



シソ3
   ④の梅酢をシソにかけてシッカリシッカリ揉み込む。かなりきつい作業だけど、がんばって 






シソ4
   はい!よくがんばりました
    透明の梅酢がこんなにきれいな赤紫に変身






シソ6
   土用干しが終わるまでこのシソを別に保管する方法もありますが、梅に少しでも色が付くように、また、梅酢に浸しておくことでシソにカビが付くのを防ぐので、私は壷に戻します。土用干しする時は梅だけ干すので、梅とシソは混ぜずに上に載せるだけにしておきます。




お梅様2
    お梅さま     
   我が家ではこの時期、お梅さまはVIP待遇お梅さまを守る梅酢が蒸発しないように、悪い虫が付かないように、はたまた蒸し暑いさでバテないようにと、まるで箱入り娘状態。扇風機もお梅さまの方を向いて回っている時もあり、娘は「梅と扇風機をシェアですか?」と苦笑。梅酢が上がって梅を覆ったら一安心。シソを入れたらシソパワーで守ってくれるのでまた一安心。そして、土用に入って天日干ししたら、もう怖いものはありません。






シソは実家の母が無農薬で栽培しているものを使っていますが、私だけでも最近は40㌔~50㌔の梅を漬けるので、それだけでは間に合わずに近くの農家の方に分けていただいています。
その方のシソもほぼ無農薬で、葉っぱの上でははらぺこ青虫くん達が元気に遊んでます
現在、我が家ではこのお梅さま壷が4つ並んで、梅雨明けを待っています。

土用干しから完成まではリアルタイムでしますね。




           

 



                                                        





      
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。