05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命は続くよ、どこまでも。

2010.11.16 20:36| 日々の暮らし
オクラの種

さ~て、これが何かわかりますか??

「このネバネバが更年期障害に効くってよ!」

って、娘がひと言(苦笑)
あんなにいっぱい食べた割にはイマイチかな・・・。


答えは・・・「オクラ」です!

頑張ってつい最近までなり続けてくれましたが、もう可哀想かな~と撤収しました。
そしてこれは来年用の「種」です。
完全に枯れてしまったオクラから取り出して保管します。
5月には種まきするので、それまでゆっくりにお寝んねしていてね。。。





えんどう豆の種

そしてこちらは「えんどう豆」の種・・・っていうか、
種にするために完全に枯れるまで残しておいたお豆です。
5月に採取して野菜室で保管しておいたものです。
こちらはお寝んねから目覚めてもらって、明日にでも菜園にまきます。



オクラもえんどう豆も、種や苗を買ってきてもよいのですが、
なんかそれじゃつまらないので、ここ5.6年はこうやって自家採取しています。
インゲンも採りますね。
経済的に◎なだけじゃなく、「私ブランド」って感じが気に入ってます。
それに市販の種は、種そのものに農薬や保存剤がかけてあり、
真っ赤や真っ青に染められているものもあるんですよ。
いくら無農薬で育てても、スタートが真っ赤じゃ、ね・・・。

ネギも葱坊主から種が採れますが、私は根っこを植え替えて増やします。
センモトは球根を乾燥させて保存。
タマネギは種を採って(こちらも葱坊主ができます)苗を作ったり、
タマネギそのものを乾燥させて球根にしたものを植えたりします。

ゴーヤだけは種を採取せずに「そのまんま」にしておきます。
ゴーヤは手をかけて苗を作るよりも、
落ちた種が時期が来て自然発芽したものの方が元気に育つ…と私は思っています。
あくまでも「私流」なんですけどね^^

花の種はほとんど採りません。
こちらもこぼれ種が時期が来たら勝手に(笑)発芽するのを待ちます。
落ちたい時に落ちて、生えたい時に生えるのが一番!と、
ものぐさ者の私はノンキに構えています^^;



 

桜葉っぱ

庭の山桜も紅葉して半分くらいは散ってしまいましたが、
散る前にはこうやって枝先に来春の「葉芽」を作っています。
そう、「葉っぱのフレディ」の世界ですね。


「自然」は時には厳しく、人や動物、植物などの「生き物」に試練を与えます。
でもそれは、前記事コメントにも書いたように、
本来は生き物が持つ自然回復力・修復力の範囲内なのでは、と私は考えます。
それを無視し先回りして、人為的に手を加えすぎたがために、生態系が壊れてしまった・・・。
そして神が与えた「自然」とは違う、それに似た「脅威」が生まれてしまったのではないか。
無宗教の私ですが、「大いなるもの」を畏れることを忘れてはいけないと思います。

「布巾が汚れた、浴室にカビが生えた。」となると、
「根こそぎ汚れやカビを除去する漂白剤」を無意識に使っていませんか?
私も昨夜は布巾を漂白して寝ました。
朝になったら真っ白で気持ちは良いけど、この排水って・・・、
巡りめぐってまたこの蛇口から出て来るんだと思うと、自己嫌悪に苛まれます。

「汚れを根こそぎ落として除菌」なんて、いつからそうなってしまったのでしょうか。
実家のある山奥の小さな集落では、今も生活排水は小川に流しています。
下水道設備が出来ない地形だからです。
不衛生だわ!!!って思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも母達は昔から、最低限度の洗剤しか使っていません。
もちろん漂白剤など使いません。
毎日入浴洗髪して、毎日洗濯するって暮らし方もしていません。
私も幼い頃そうでしたが、生活の場である川を汚さないような生活が定着しているのです。
今でも小川で野菜やお鍋を洗ったりします。
お鍋を洗うと、ほんの少し残っている食べ物に小魚が群がってきたものです。
そして、その魚を食することを考えると、やはり川は汚せない。
川は・・・水は「命の源」なんです。


そうやって、生活と自然が密着していると「根こそぎ除菌」する気にはなれないし、
真っ白ピカピカにさほど意味を感じないのでは・・・と私は考えます。
逆に言えば、近代的な暮らしはそういう「想像力」を養いづらいのかもしれません。


「種」のお話が、とんでもないところまで行ってしまいました~~m( )m
あっ、余談ですがカビは「45℃のお湯」で死滅するってNHK「あさイチ」でやってました!
詳しくは こちらからどうぞ^
スポンサーが不要なNHKさん、この手の特集を大いにやっていただきたいものですね^^




ブログランキング参加中です。
よかったら1日1クリックで応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^

 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^  
関連記事

コメント

こんばんは♪

陽花さんは、素晴らしい!!☆
お野菜作りは、全て種からなんですね。。
見習わなくては。。です。。
我が家は、オクラ、胡瓜、南瓜、モロヘイヤ
くらいなものです。。ゴーヤはそのままにしています。。
是非、お野菜作りのupお願いいたします。。。♪

梅ばち邸さま

いつもコメントありがとうございますe-68

いえいえ全部ではありませんよ~^^;
豆類にオクラ、タマネギくらいです、種を採ってまくのは。
アブラナ科の野菜も種を採ってまいてもよいのでしょうが、
最近はF1品種の種が増えて、自家採取しても同じものは出来ないようになってますね。
パンジーやビオラもそうですよね。
こぼれ種で育つのは、交配前の原種ですものね。
放っておくと、野のスミレに近いものばかりになります。
それはそれで趣きがあって良いな~と思ってます。

我が家の菜園は淋しいものです。
大根、インゲン、小松菜、ブロッコリー、パセリ、
レタスがひっそりと(笑)育ってるくらいです。
えんどう豆は週明けくらいには発芽するかな~。
種まきして苗から作っている赤タマネギは今日、定植しようと思ってます。

何倍も楽しめますね♪

カモメ先輩へ

コメントありがとうございますe-68

この小さなカラカラの種が、芽を出し、葉を出し、茎を伸ばす。
そして花を咲かせ、実を結ぶ。
当たり前のようだけど、奇跡に近いことだと私は思います。

えんどう豆を地面に押し込みながら、「ジャックと豆の木」をいつも思い出します。
ささやかだけど、こんなことやってる時が一番幸せですよ^^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。