06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビミョーな想い。

2011.02.12 14:53| 未分類
内野聖陽(まさあき)さんのファンクラブ「聖陽(せいよう)流」からお手紙が届いた。

FC更新手続き書類と一緒に、FC限定のイベント?ショー?の案内が同封されていた。

それも、久々にさわやか~な笑顔のポストカード付き!

色んな意味でマイペースなこのFCが、

これまた色んな意味でタイムリーなことをするな~ってのが正直な感想かな。

私がのぞいたブログや仲良しのファンの反応は、

キターーー!!と喜んでいる方と、

えっ!やるの?!って、ちょっと引いてしまっている方と両極端のような気がする。

私と仲良しのMちゃんはと言えば・・・・、後者だ。

例のアレをまだ引きずっているわけではないのだが、

全く気にならないと言えばウソになるかもしれない。

それに、どうせならイベントよりも観劇がしたいと思っている。

そして(欲張りだな~)、せめて地方公演が福岡でよいからあるとなおうれしい。

公演に行きづらい環境のファンは、年に数回の会報と会員限定のファンメッセージで、

サラ~ッと更新手続きする気になれない時があるのではないだろうか。

私は今回初めてそんな気持ちになっていた。

だからこそ、件のさわやか~な(笑)ポストカードと、

FC限定動くうっちい(笑)はタイムリーだったわけだ。



しかし内野さん、本当に「ショー」とかやりたいのかなぁ。



まっ、それも含め色んなことを話したいので、久々にMちゃんに会うことになった。

場所はまずは映画館。

残念ながら「いぬのえいが」ではない。

Mちゃんがチョッと気になっている竹野内豊さん主演の「太平洋の奇跡」だ。

声フェチの私も彼が好きだし、作品そのものにもすごく関心がある。

さて、どうなることやら・・・。



ありがとうございます^^
関連記事

コメント

ファンこそが大敵かも

こんにちは。確かに、びっくりしましたね。

FC限定の「ショー(?)」っていう仰り方がいかにも内野さん。今どきは、「ファンミーティング」とか言うでしょ。そういうのをご存じないのでしょう。

ところで、近年の演劇環境は厳しくて、大阪でも小さな劇場はどんどん潰れています。東京で1ヶ月以上公演している舞台も、大阪では2、3日しか公演されないことも多いです。そう言えば、昔、名古屋に「エリザベート」を観に行った時、主演が誰か、どんなお芝居か全然知らない団体さんが、中央の良い席を独占していて、げんなりしたこともありました。映画だって、お金を掛けて宣伝した大作以外はお客さんが入らず、小劇場は消えてきたとか。まして、大金かけて演劇を観る人は、凄く少ないのだと思います。
私は、いつかあるかも知れない文学座の公演のために、会報の会員(有料)になっているのですが、毎年、その忘年イベントの案内が来るたび、年末の忙しい時期に、東京なんて行けないよ~って思います。こんな時だけは、東京暮らしが羨ましい。

残念ながら、そういう中で、いかに内野さんと言えども、演劇の地方公演を開くようなお力は無いですよね。FC限定のイベントを開くのが精一杯だと思います。それに、「他の俳優さんたちもやっておられるんだから、FCイベントを開いてくれ」と頼んでいた人達も、実際に沢山いたのでしょう。

何か、最近は、皆が他に対していろんなことを求め過ぎていて、哀しいです。
内野さんのことにしても、たった1人の俳優に対し、その作品だけでなく、理想的な生き方だとか、理想的な俳優像だとか、ファンサービスだとか。

何か話の方向がズレてしまいました。ごめんなさい。
案内葉書の言葉が表すように、内野さん自身も戸惑いつつ、しかし、何でも「やる時はやる!!」っていう方だから、頑張ってよいものを作ろうとしておられるのではないかな? と思っています。
それなら、内野ファンを名乗って、ブログなんぞ書いている身ですから、出来ることなら参加したい。というのが、私の心境です。

ミセスきゃぴ様

コメントありがとうございますe-68

きゃぴさんのような熱心なファンに支えられて、
今の内野さんは在るんだな~とあらためて納得しました。
私はファンの名折れかもしれませんv-356

娘の中学時代の部活顧問が演劇好きの女教師でした。
なんとモンテクリスト伯の地方公演終演後、
文学座の役者さん達(もちろん内野さんも)
とお話をされたことがあるそうです。
先生はいわゆる市民劇場の運営に関わっていらっしゃったので、
そういう機会があったようです。

それを先生から伺ったのは、「風林火山」の頃でした。
「こんなに売れてしまったら、もうないことでしょうが。」
と、先生も寂しそうでした。
まぁ、これが現実でしょうが、地方在住の主婦としては、
文学座の舞台に立つ内野さんを、できれば九州で観てみたい!
と、渇望して止みませんv-343


文学座の浅野雅博さんのブログを楽しみに読んでいるのですが、
「役者」っていいなぁと心から思いますv-353
きゃぴさんも一度ご覧になってくださいねv-290

今こちらの地方で土曜日に放送されている「ゴンゾー」を楽しく見ています。
「太平洋の軌跡」は良かったですか?
実は私、友達の影響で竹野内豊さんの隠れファンなんです。e-449

つままま様

コメントありがとうございますe-68

「ゴンゾウ」再放送中なのですね~~v-10
クロちゃん・・・黒木刑事は、内野さん演じられた役の中でも、
5本の指に入るほど大好きな役柄です。
過去のトラウマにおびえるあの演技は、
内野さんでなくては演じきることができなかったのではと思っています。

「太平洋の奇跡」は来週鑑賞予定なんですよ。
観想をUPするつもりでいますので、よかったらご覧くださいね。
竹野内さん、ステキですね!
内野さんや大沢さんとはまたひと味違った、
「くぐもった」感じの低音が良いと思いますv-353

こんにちは♪

竹野内さんのお話に
梅ばちも寄せていただきます。笑
<くぐもった>いい表現です!!
陽花さんの表現力は素晴らしいです。。
いつも感心して、読ませていただいています。。。♪

梅ばち邸様

コメントありがとうございますe-68

お褒めの言葉、もったいのうございます(汗)。
故・石原裕次郎さんなども同じ系統のお声ですよね。
義母が裕次郎ファンで、時々CDを車内で聴くのですが、
「ブランデーグラス」は彼の声でしか歌えない名曲だと思いますv-353
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。