06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日のレシピ 第3回 「別れ道」

2011.03.02 22:34| な~んか気になる!
  Ci110303144504.jpg
    (NHK4「四十九日のレシピ」HPよりお借りしました。)

   

       「ありがとう」  

他人にはスラッと言えても、家族には照れくさかったり面倒くさかったり、
言う必要性を感じなかったりで、言わないことってありませんか。

我が家では夫と息子は、結構まめに言うんですよ。
なのに私と娘は意外と口にしない(笑)。
娘は不器用な性格だから、照れくさくて言えないのではないかな。
そして私はと言えば、言われるのに慣れていてあまり言わない・・・ような気がする。
一番たちが悪いかもしれませんね(汗)。
息子なんか「朝、忘れ物持って追いかけてきてくれてありがとうね。」
なんて、その時も言ったのにまた言ってくれるマメな奴なのに。。。


------------------------------------------------------------



「大事な人はな、一緒にいる間に大事にしなくちゃいけないんだぞ!」
たった5文字の言葉「ありがとう」を言えないまま、二人の妻を亡くした良平。
それどころか、今思えばひどい言葉を投げかけていたことを、激しく後悔するのでした。



百合子と浩之は話し合う機会を、浩之の不倫相手・亜由美にかき回されてしまいます。
そしてそのことで浩之と亜由美との微妙な愛人関係、
亜由美とその子ども・カイトとの歪んだ親子関係が露呈されていまうのです。



「子どもがいないと家族じゃない・・・そんなふうに言われているようで・・・。
 隣にいる俺は家族じゃないのかって。」

浩之から不倫に至った胸の内を初めて明かされた百合子。
子どもを授からない生活の中でお互いを思いやるあまりに、
逆にそれが相手を遠ざけていたことに気付きます。



「わたし、わからないもんがある・・・。家族ってもんが・・・よくわからない・・・。」
イモトはカイトに幼い頃の自分を重ね合わせ、カイトの将来を心配します。
ハルミにも陽気な笑顔の裏に隠した家庭の事情がありそうです。
今回、私の胸に一番突き刺さったこと。
それは「子が親を思う気持ち」です。
あんなひどい仕打ちをされても、母親の亜由美が迎えに来ると笑顔でその手を握るカイト。
そしてそのカイトと似た境遇で育ちながらも、まだ「家族」にこだわり続けるイモト。
子どもは親を選べない・・・手垢が付き過ぎてあまり使いたくない言葉ですが、
これしか言葉が見当たりません。



「一番近くにいる人のこと、毎日ちゃんと見てたんだね。」
乙美・オッカが百合子宛に書いた絵手紙を年表に並べながら、そこにはいつも良平がいることに気付く百合子。
このことは百合子にどんな奇跡を起こすのでしょうか。
遠慮がちに浩之の背中をさすった百合子でしたが、
一歩前に踏み出し、もう一度浩之と「家族」に戻ることができるのでしょうか。


ありそうでなさそうな、なさそうでありそうな設定のこのドラマですが、
百合子に自分を置き換えてみることができる久々の「等身大」の作品です。




押していただくと励みになります^^  
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。