06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お芋のギョーザ。

2011.03.07 13:46| 日々の暮らし
IMG_6046.jpg

2月28日は娘の誕生日でした。
誕生日には何でも好きなものをリクエストできるのが我が家流。
例えどんなに高級な食材でも、栄養バランスが×なメニューでもOK。
この日ばかりは日頃の節約生活は封印して、財布のヒモもユル~くする・・・・、
はずだったのに・・・生活習慣ってコワいですね^^;

息子の時もそうだったけど、今年もな~んてことのない平凡なメニューに落ち着きました^^;
小さい頃は「ステーキ!!!」なんて叫んでいた息子も、親の懐具合がわかってくるのか、
それとも食べなれているものが好物になっているのか、わからないけど・・・。

「カレー」「サラダ」「手羽先のグリル焼き」そしてこの「お芋のギョーザ」。
IMG_6047.jpg



なんか、そのまんまの名前でしょ^^;
娘が幼稚園の頃にこう呼んだのです。


作り方は超簡単!
5ミリくらいにスライスしたお芋を蒸します。
それをつぶして、シナモンシュガー・牛乳or生クリームをお好みで混ぜ込みます。
私はこれに彩りで自家製乾燥パセリをパラパラ加えます。
皮に↑を置き1センチ角に切ったチーズを中に入れ包み込みます。
揚げ時間は皮がカリッとなる程度でOK!


このお芋のギョーザを食べる時に娘が必ず口にすることがあります。

「これ、になちゃんのおかあさんが教えてくれたよね。になちゃん、どうしてるかな。」

娘が通った幼稚園は、縦割りの組編成でした。
になちゃんは年長の娘がお世話係をした年少の女の子です。

「になちゃん、お話しないしすぐどっかにいなくなるんだよな~。」

娘がよく口にするこの言葉の意味がわかったのは、園の親子懇親会の時でした。
こじんまりとしたアットホームな幼稚園で、料理一品持ち寄り懇親会も楽しみの行事でした。
その時にそのになちゃんのおかあさんが作ってくださったのが、このお芋のギョーザだったのです。

「にながいつもご迷惑おかけします。
 知的障害があるので、お世話係の娘さんは大変だろうと思うんですよ。
 娘さんに食べていただこうと思ってになと一緒に作ったんです。」


と、申し訳なさそうに差し出してくださいました。
まだ温かいお芋のギョーザはビックリするほど美味しく、
娘も他の子どもたちも次から次に手をのばして、あっという間に完食!
になちゃんもおかあさんもとてもうれしそうにそれを眺めていました。


娘にとってこのお芋のギョーザは、その時のエピソード込みで「ご馳走」なのではないかと思っています。
私もこんなふうに懐かしい思い出がよみがえる料理がいくつかあります。
それらは決してご馳走ではないけど、口にするととても幸せな気分になるのです。
我が家の子どもたちが大人になった時、「おかあさんのあの料理が食べたいなぁ。」
と、思ってくれる料理を一品でも残せたらうれしいな^^


↓ランキングに参加中です。押していただくとうれしいです^^ 

関連記事

コメント

お芋の餃子って、これは中々ですね。
<甘いデザート餃子>というコンセプトで
他にも工夫し甲斐がありそうです!
いい事、教えていただきました(笑)。

娘が就職して、神戸に行きましたが
たまに帰って来ては
「親父のパスタが食イテ~!」と
叫んでおりました。(笑)

お母さんの味というのもあるけど
<父の味>というのもあって、
それはそれでいいものですね。

とは言え「男の料理」ですから、
もし寿命があるなら、
コイツは孫に伝えてやりたいモノです。

小さい時に障害者と接すること。
大事な事かもしれません。

次女が小学校に上がったとき
耳の不自由なお子さんがいましたが、
子供達は普通にその事を受け入れ、
普通に過ごしていました。

その事が大事なんですね。
子供達に教わりました・・・。

優しい子供さん達なんでしょうね、
家族にとって思い出のお料理や母の味増やしていきたいですよね。
リクエストのお話、我が家も真似てみたいです。

癌ダム4G様

コメントありがとうございますe-68

お芋のギョーザは冷めても美味しいので、
我が家では運動会のお重にも必ず入れる一品なんですよ。
揚げたての皮のパッリと感と、中味のシットリ感が大好きです。

<父の味>・・・絶対アリです!!
私も亡き父が作ってくれていた料理が忘れられません。
母の味とは一味違う・・・う~ん、癌ダムさん風に言えば、
『違反の味』とでも言いましょうか(笑)。
懐かしいな~!

由桜様

コメントありがとうございますe-68

私たちの時代では考えられませんが、
今子どもたちは気持ちがとても『バリアフリー』ですね。
もはや『障害者』って言葉が必要ないと思われるほどです。

ただここで私が考えてしまうことは、
果たしてそれがいいことばかりではないのでは・・・ってことです。
その差別や偏見は捨てても、優しさは失って欲しくないと思っています。

つままま様

コメントありがとうございますe-68

冬の寒い日に、ポカポカの縁側で食べた母の雑炊の味が今も忘れられません。
お味+エピソードがいつまでも記憶に残る秘訣なのかもしれませんね。
私もつまままさんの「干し芋」を真似て作ってみようと思っていますv-392

この記事の感想を書きたいところですが、
今回はお願いがあってコメントしました。



私のブログにこのブログのリンク載せてもいいですか?

utat2an様

ご訪問ありがとうございますe-68

リンクの申し出、ありがたくお受けいたします。
よろしくお願いしますm( )m

誕生日おめでとうございます。
誕生日には、リクエストにこたえて・・・
我が家といっしょですね。

とっても楽しそうな食卓、笑顔が見えてくるようです。

母の思い出の味、いっぱい子どもに伝えたいですね。

御訪問ありがとうございました。
私もお芋の餃子、作ってみたいと思います。
ウチも誕生日は献立のリクエストを受け付ける事にします。また遊びにきま~す。

Mie様

コメントありがとうございますe-68

娘が2月、息子が1月が誕生月です。
クリスマス、年末年始、バレンタインとイベント続きなので、
「与えすぎないように」と誕生日は料理のみの我が家なのですが、
最近はブーイングだ出ております^^;

娘がネットできる時は、必ずMieちゃんちをチェックしてますよ~!
また日本で活動再開できるといいねe-51

nobuko様

ご訪問&コメントありがとうございますe-68

お芋のギョーザは冷めても美味しいので、
我が家は運動会のお重にもおやつ代わりに入れたりするんですよ。
子どもたちがお芋好きなのでスィートポテトもよく作りますが、
こちらの方が俄然人気があります^^

どうぞお試しくださいませ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。