07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火曜日が楽しみ。

2011.02.19 10:23| な~んか気になる!
     NHKドラマ10『四十九日のレシピ』 番組HP

待ち遠しかったこのドラマが15日よりスタート!
内野さんの「君恋」以来のNHKドラマ10枠視聴である。
好きな和久井映見ちゃん主演なので、久々に録画準備もしてから観た。

そして見終わったら即『毎週予約』にしました!

いや~、やはり彼女の演技は私を裏切らないなあ~。

彼女は「演じる役柄」を「彼女しか演じられない役柄」に変える数少ない女優さんだ。
彼女主演で名作は数多くあるが、私を一番唸らせたのが・・・、
TBSドラマ『恋文 ~私たちが愛した男~』の江津子役だ。
いしだあゆみさんとの台詞のやり取りは素晴らしかった。
作品自体が地味で視聴率もイマイチだったが、いつまでも忘れられないドラマだ。
私流のドラマカテゴリーでは鈴木保奈美さん主演の『この世の果て』と同じ・・・かな。

高視聴率だったフジテレビ『妹よ』のゆき子役、フジテレビ『ピュア』の優香役、
最近ではNHK朝ドラ『ちりとてりん』の糸子役ももちろんよかったが、江津子は特別だ。
それにNHK『華岡青洲の妻』の加恵役も秀逸だったなあ。

彼女の演技のどこが好きかと言えば「媚びない健気さ」とでも言おうか。
真摯なまなざしがイイ!

もちろん、この『四十九日のレシピ』自体も面白い!

百合子(和久井映見)の継母・乙美(風吹ジュン)が急死した。
2週間後、茫然自失の父・良平(伊東四朗)の元へ突然見知らぬ若い女性・幸恵(徳永えり)が現れた。
そしてそこにまた、夫に離婚届を置いて家を出てきた百合子が帰ってくる。
幸恵は、乙実が生前ボランティアで働いていた更正施設に入所していた女性で、
「もし自分が亡くなったら、四十九日まで夫の世話をして『暮らしのレシピ』を渡して欲しい」
と乙美に頼まれていて、それを実行するためにやってきたのだ。
百合子は不妊治療を繰り返すのだが子宝に恵まれず、挙句の果てに夫が不倫をしてしまい、
失意の果てに実家に帰ってきたのだった。

ざっとまとめたら一話はこんな感じだった。
不妊治療経験者の私には、痛いほど百合子の気持ちがわかる。
でも百合子の夫の心情をのぞいてみたい気持ちも否めない。

乙美と良平の間には実子がいなかった。
百合子を慮ってのことなのか、授からなかったのかはまだわからない。
この乙美を「オッカ」と呼んで愛情深く育てられた百合子だったが、
心を開いていたのかというとそうでもなかったようだ。


血縁以上に深い親子愛はありえないのか。
子を授からない夫婦の危機は、子を授かることでしか解決しないのか。
そもそも家族って何なのか。
織り込まれた心の綾を、じっくり考えながら観ていきたい作品だ。


   『とりあえずご飯食べよう!』

乙美直伝の「塩バターラーメン」を作り、百合子と良平に声をかける「イモ」こと幸恵。


いいなあ~、この台詞。
同感だ!
とりあえず食べるもの食べなくては元気出ないもの!


このドラマ、どことなく向田邦子ドラマを彷彿させる。
ああ、火曜日が待ち遠しい。


ありがとうございます^^ 

似てる!

2011.01.25 15:00| な~んか気になる!
ほぼ毎日チェックするブログのひとつが杉浦太陽クンの

『メッサ○○食べ太陽』→ こちら


大人気のブログとは知っていたけど、そこはへそ曲がり(笑)の私らしくあえて見ていなかった。

「ああ~、あのモー娘の誰かの旦那さんね!」くらいの認識しかなかった。
ところが1年ほど前に娘にムリヤリ見せられてから、ヤミツキになってしまった


ひとことで言うと、とにかく元気がでるブログだ!

それにすご~~く「ためになる」ブログでもある。
まったく今時の若いもんは!
なんてよく悪態つく自分が恥ずかしくなるくらい、太陽&希美夫妻はナイス!なのだ。

一番感心なのは、ノンちゃんの真心こもった手料理の数々。
おこちゃま料理なんてほどんどない本格的なものばかりだ。
それも野菜たっぷりのヘルシー料理の数々はお見事!
12月に長男の「青空(せいあ)」クンをお産したばかりなのに、
退院直後から長女「希空(のあ)」チャンの面倒も見ながら作る作る!
大丈夫??ってこっちが心配になるくらいだ。

そして太陽クンはその家族を全力で守っている。
超ハードなスケジュールの合間にUPされる記事は、
仕事への熱意と仲間への感謝、そして家族への愛情で満ちあふれている。

見た目はチャラ男っぽい(失礼)太陽クンだが、男気あふれるナイスガイだ


その太陽クン、誰かと似ているな~でも思い出せない・・・。
こんな悶々とした日が続いていたが、ついに解決!!


そのお方は、氷川きよしクンだぁ~~!


似てるって思いませんか?
背格好から雰囲気まで似てますよね
きよしクンがまだブレイクする前に、いわゆる地方巡業で叔母の住む小さな町にやってきたらしい。
それはそれは腰の低い好青年で、叔母はその頃から「絶対売れるバイ!」と太鼓判。

ご本人にはちとお気の毒だが、そんな風にギャルよりおばちゃんウケするところも似てるのかも。
あっ、でもうちの子どもたちは、太陽クンもきよしクンもカッコイイ!と大好きです



そしてもう一組のそっくりさんは・・・。

今をときめく黒木メイサさんと、懐かしのアイドル黒木真由美さん画像こちら
メイサちゃんはどっちかというとツリ目で真由美さんはタレ目だけど、似てるでしょう!?

「任侠ヘルパースペシャル」でメイサちゃんの横顔を見てひらめいたんです。
正面の顔はクールな印象の彼女だけど、横から見るとおでこが出ていてとても可愛い!
そのおでこが特に似ている二人。
笑った口元も似てますよね。


☆オマケ☆

我らがうっちい内野聖陽さんと、民主党の細野豪志議員。
大沢たかおさんとムーミンのスナフキン。

似てるでしょう

ブログランキング参加中です。
よかったら1日1クリックで応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^

 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^ 

地デジの功罪

2010.12.06 20:01| な~んか気になる!
野暮用に追われていて、久々の更新です。



我が家もやっと地デジ化完了!
そして、取り付け終了直後に映し出された映像はというと・・・。


NHK「スタジオパークからこんにちは」だった。
もし(ありえないが・・・)このブログをご本人が読まれたら、、
きっと「や・め・て~~~!!!」と絶叫なさったかもしれない。
彼女ほど自分がハイビジョン映像にさらされるのを、
恐れていた女性を私は他に知らない(汗)。


その方の名は・・・(もったいぶってすみません)、

作家の林真理子さんだ!

う~ん、やっぱり「イタかった。」
彼女ほど美容とダイエットに心血&お金を注いでも、
情け容赦なくハイビジョン映像は現実をさらけだす。


いや、林さんが「やっぱりオバサンだった!」とか言っているのではなく(汗)、
CMではないが「それなりに」映ってしまうもんだってことデス。
あの上戸彩ちゃんだって、NHKドラマ「10年先も君に恋してる」の冒頭シーンで、
頬骨の辺りに小さなシミが映ってしまったくらいだから(スッピンのシーンだったが)、
林さんの年代だったら当たり前なのかもしれない。
彼女の場合、アノ(どの?!)コンプレックスが、
私たちを心ときめく恋愛の世界にいざなう筆力の原動力になっているに違いない。




その夜、家族が寝静まるのを待って、待望のブルーレイディスクを観た!

『大地疾走』

大地疾走1
          ~ テレビマンユニオンのHPよりお借りしました~

俳優の大沢たかおさんが、自らラウンドクルーザーやバイクを操って、
文字通り、アフリカ大陸を5000㌔疾走するドキュメンタリーだ。
放送は10月だったのだが、私の生息地では放送がなかったので、
東京在住の妹に録画してもらっていたのだ。
ブルーレイディスクで届いたので、今までお預けになっていた。
ブルーレイレコーダーを買ったら、
ハイビジョンテレビで真っ先に観ようと思っていた番組だ。


いや~、素晴らしかった!!!
感動感激の嵐だった!
アフリカという舞台も最高だったのだが、大沢さんが素晴らしくよかった。


あのスリムな体のどこにこんなパワーが!?
と、驚くくらいスタミナがあるタフガイだ。
なのに、力みはなく終始自然体。
ひとことで言えば「ハートがしなやか」な男性だ。
あの人懐っこいクシャクシャな笑顔に、マサイ族の女の子も目がだった。

ビクトリアの滝の断崖絶壁に立ち(↑画像)、
「落ちたら死んじゃうな~。」とつぶやきながら滝つぼを見下ろしたり、
ジャングルのゴリラの求愛シーンを少年のような表情で見守ったり、
とにかく好奇心旺盛なお方である。
観ているこちらは、ハラハラドキドキの連続で、
高所恐怖症の私は、思わず目を覆うシーンが何回もあった(汗)。

タンザニアのナトロン湖のシーンは特に美しかった。
この湖は生き物が生息するには厳しい環境なのだが、
敵から身を守るためにここを棲家としている桃色をしたフラミンゴが素晴らしく美しい!
そして、その飛翔を見上げる大沢さんの横顔はさらに美しくって・・・。

そのナトロン湖から天を見上げるとオルドイニョ・レンガイがそびえ立つ。
世界有数のパワースポットとして名高い活火山である。
その頂上に立ち、人類生誕の地と言われる大地溝帯を見渡す大沢たかお。
彼の感動はどんな饒舌な言葉よりも、その潤んだ瞳が物語っていた。


「透明な空気をまとっている人」とドラマ「JIN~仁~」の石丸Pに言わしめた大沢さん。
納得の「大地疾走」であった。






ブログランキング参加中です。
よかったら1日1クリックで応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^

 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^     

どこに行くのか~その2。

2010.11.28 20:32| な~んか気になる!
先週の買い物騒動から1週間、我が家は何も変わっていない。


テレビは12月1日配達で、光回線の工事はその1週間後だからだ。
ブルーレイレコーダーは持ち帰りしてきたものの、
今のテレビに接続しても意味ないのでそのまま。
大騒ぎしたのがウソのようだ(苦笑)。


ほぼ底値か!?と思って買ったテレビも、
昨日チラシを見たら、今週はさらに3000円ほど安くなっている(苦笑)。
3年くらい前に我が家と同じサイズのテレビを買ったと友人は、3倍以上の価格だったらしい。
どん帳の掛かった白黒テレビ(この言葉って通じますか?)を知っている世代としては、
今の状態は異常だと思うが、どうだろうか?
モノが安くなるのが悪いとは言わないが、
安易に買い換えられることが良いことだとも思わない。


山奥の実家も25年間使っているテレビを買い換えることになった。
この地デジ化がなければ、おそらく壊れるまで使っていたと思う。
より良い暮らしを望まないわけではないが、
モノを買い換えることがそれにつながるとは、私は思わない。
買い替えに乗り気でなかった母の言葉からもそれは伝わってきた。


そして今回の不本意な「テレビ買い替え騒動」は、
不幸にもその母の認知症のスイッチをONにしてしまった・・・。
夏頃から物忘れが激しくなった事を、本人も気に病んでいた。
効率的に物事をこなすことがで苦手になって、あたふたする場面にも遭遇した。
それでも、地域の方々が独居老人に優しく手を伸ばして支えてくださっていた。
だが今回はお金が絡んだ勘違いで、その方々にも嫌な思いをさせてしまったのだ。
「エコポイント」は役場に買いに行くものだと勘違いしたり、
今月中で今のテレビは映らなくなると慌てたりもした。



「地デジ化」とか「エコポイント」とか「ハイビジョン」とか、
聞きなれないカタカナ言葉が飛び交うことが、まずストレスだろう。
かと言って、わかりやすい日本語に変換して説明してくれる人はそうはいない。
と言うか、変換してお年寄りに説明できるほどの知識がある人がいるのだろうか。
「地デジ化」の必要性にいたっては、説明されたって理解できないのは当然だ。
私も、必要性の裏に見え隠れするモノを感じ取った途端に、
理解する回路の自動制御装置がシャットダウンしてしまったくらいだ。


前に推し進めるだけではなく、そのベクトルが上にも向いてしまう「国策」は、
それを必要としない者にとっては「愚作」でしかない。
が、「国」が決めたことだからとあきらめて従うしかないのが現実だ。
そしてその「国」が、羅針盤の壊れた船のような状態の今、
荒海に放り出されないように、自分の足でシッカリ踏ん張るしかないのだ。


高々テレビごときで、ヒートアップしてしまった(苦笑)。
この激動の時代、私のような一介の主婦は粛々と家事をこなし、
家族の生活を支えて行くしかないと思っている。
このように考えることができるようになったのも、
何らかの自動制御装置が働いているのかもしれない。




ブログランキング参加中です。
よかったら1日1クリックで応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^

 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^     

どこに行くのか~その1。

2010.11.21 23:00| な~んか気になる!
疲れた。


とにかく疲れた日曜日であった。



私は買い物があまり好きではない。
特に人ごみの中での買い物は超苦手である。
いつも必要最小限のものをパパパ~ッと買ってくる。
「チラシ」もほとんど見ないし、
ブラブラと見て回るって事もしない。
どんなに安くても、不要なものは買わない主義。

なのに、ここのところ難解な買い物を余儀なくされている。
まずは先週、突然に電子レンジが壊れた!

これには参った!!!

いかにレンジに依存していたか実感・・・。
早速その日のうちに、近くの量販店に買いに走ったが、

これまた参った!

12年ぶりの買い替えなのだが、以前とは比べ物にならないくらいに多機能になっていた。
シンプル機能で安価のものもあるが、中が狭すぎる
広さから選ぶと多機能過ぎるけど、こうなったらしょうがない。
それにもうひとつの条件、「お手入れ簡単」を兼ね備えたものを購入。
バタバタと持ち帰り、説明書読むのもそこそこに早速その日の夕方から「チン!」


買い物苦手な私が、えらく軽いフットワークを見せたせいか(笑)、
ここぞとばかり子供達が「地デジ化」を要求してきた(汗)。


「いいんだよ~、ギリギリで。まだ、使える!」


と、ひたすらマイペースを貫いていた私であったが、
家電が苦手で全くノータッチだった夫までが子供と一緒に、地デジ推進委員会の後押しを始めた(汗)。
おまけに12月からエコポイント半減とかで、ますます私に逆風が吹き荒れる(泣)。


で、何なんだよ、地デジ化って!

エコポイントって、どんなシステムなんだ?



関心があることは徹底的に調べ尽くす私だが、
地デジ化に関しては「まだ先!」と高をくくっていたので、ほとんど知識がない。


早速、総務省のHPを読んでみたが・・・・・????
老化現象なのか元々なのかわからないが、理解できない(汗)

お国が決めたことだから…とか、素晴らしい映像が見られるんだから・・・・とか、
自分に言い聞かせることが出来ない訳でもないが、なんだかな~。。。


ただでさえ地デジ移行推進テロップの帯で、日に日に画面が狭まる我が家のテレビ。
ある日、娘が「わぁ!!!」と大声を上げた。

『アナログ放送終了時にはこのようになります!』
と、警告音もどきの音と共に、画面にはすごいノイズが入ったそうである(苦笑のち怒)。

ここまでやるか・・・。
何もわからないお年寄りなど、慌てて電気屋さんを呼んでしまうんじゃないかしら?
でもって、また訳もわからず新品のテレビに買い換えるよ、きっと。
買い換えなくっても、チューナー取り付けたらまだ使えるって、知らないと思う。



結論が最後になったが・・・、
我が家も地デジ用のテレビとブルーレイディスクレコーダーを買ってしまった(苦笑)。
15時過ぎに量販店に行き、帰宅したのは20時前。
おっそろしく混んでいた。
総務省のお役人が大喜びしそうな光景だった(苦笑)。

機器について質問しようにも係員が捕まらない。
やっと捕まえたと思ったら、光回線抱合わせ販売員(私が命名)だった。
ADSL回線ではNTT中継局から離れているため不安定なので、
そろそろ光かな~と思ってはいたが、それ顔に書いてあったかな~(苦笑)。

42000円割引に目がくらみこれにも加入した(苦笑)。
なんか、(苦笑)のオンパレードじゃないか!!!

まぁ、この光の説明・手続きにかなり時間が掛かった。
一応加入して2ヶ月以内に解約してもよいというオプションが3個。
こういうオプション獲得することで割引できるのだろうが、
結局同じじゃないか、解約するんだから加入しなくたって!
書類を書く手間が増えるだけのような気がするけど(苦笑)。



家電を大切に長~く使っていたために、私は浦島太郎になっていたのか。
世の中がわからない。


もうちょっと吠えたいが、後日「その2」を書かせてください m( )m



ブログランキング参加中です。
よかったら1日1クリックで応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^

 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^     

人生色々。

2010.09.16 13:54| な~んか気になる!
昨日は実に疲れた一日でした。

まずは、半日ドッグ。
最終結果は2週間後だけど、きっと悲惨だろうと思う。

体重は変わってないのに、腹囲が+2センチ

元々低血圧なのだけど、昨日は85と57。
看護師さん計測しなおしたけど変わらずで…。
腹部超音波も看護師さんが首を傾げながら何回も同じ箇所をなぞっていた。
多分、肝のう胞が増えているか大きくなっているかだなぁ・・・。
とどめは、甲状腺。
気にはなっていたのです、自分でも。
やはり腫れている?大きくなっている?らしく、精密検査を受けることに


あ~だこ~だとどっと疲れて帰ってみたら、愛しの君のスキャンダル報道予告をキャッチ
昨夜はまだ、ネットでもさほど騒がれていなかったけど、今日は悲惨なもんです。

実は内野聖陽さん、本日が42才のお誕生日なんです。
ファンの間では本日を「聖誕祭」と呼んでお祝いしておりました。
なのに今年はファンより先に「フライデー」さんが祝砲をドカ~ンと上げてくださいました
掲載を今日にぶつけてきた理由は様々と憶測が流れております。
他にも、昨日今日にぶつけて都合が良かった方がいるらしいとの噂も流れておりますし。

まっ、その辺は大人の事情・お仕事の事情が絡んでいるのだろうと、
田舎に住むオバちゃんの私にもなんとなく察しは付くんですが、

が、が、やっちゃイカンことをやっちゃイカン!
のだけは事実で、言い訳無用!とわが子なら、まずビンタのひとつやふたつかませたいところです


ブーイング覚悟で言わせて貰えば、私的にはW不倫報道は「あちゃ~、バカだね~!」程度なんです。
そりゃ、社会通念的には×なんでしょうが、これは個人の問題なんでね。
様々なリスク覚悟でのことだろうから、自分達で後始末やってもらえばいいのだけど、

「飲酒運転疑惑」こっちは見逃せない!
フライデーをこの目で読んでいないし、本人もマスコミには否定しているらしいから、
真実の程は分からないのだけど、複数回目撃されているならほぼ確定でしょう。
仮にそれが事実無根でも「李下に冠を正さす」ですぞ!

NHK「君恋」はさっきスポットが流れたから「放送打ち切り」はないでしょう。
が、様々なバッシングや制裁は必至で、それはしょうがないと思います。
イヤ逆に、この程度のイタイ思いで済んでラッキーだったかもしれません。
これが飲酒運転で事故でも起こしていたら「犯罪者」ですから。
不幸中の幸いと猛省して、真摯に受け止めて欲しい。

すぐすぐにはリセットできないこと色々あるだろうけど、
私が惚れたあの「役者魂」に見合った人間としての生き様をこれから見せて欲しい。
そして、知りたいのは「事実」の裏にある「真実」。
演じることだけを答えにするのではなく、やはり正々堂々とわびるべきです。
誰に?
ファンはもちろん「世間」ってもんにです。
それが「芸」で食っていく者の定めだと思います。


散々お説教した後でなんですが、
同じAB型おとめ座の内野さん、お誕生日おめでとうございます!
やんちゃで無防備でそして役者バカの内野さんですが、ずっと応援していきますよ~!




さてさて、行ってまいりましたよ~。

「安全地帯完全復活コンサート2010」

↑のことがあったから、な~んか行く気が失せていたのですが、行ってよかった!
感想をひと言で言うと、

「あれでいいんじゃない!」

MC以外は全くOKで (喋りはやはり少しろれつが回らない感じかな)、
あの素晴らしい歌唱力は健在でした!
私と彼と東京タワーは同級生なんですが(笑)、
2時間立ちっぱなしで聴くだけでもすごく疲れたのに、歌いっぱなしの彼はどんだけ疲れるでしょうかね。
それがプロってもんだ!なんて、言ってしまったらそれまでですが、やはりスゴイ!

観客は男女比半々で、平均年齢45歳ってとこでしょうかね。
演劇以外のライブは久しぶりだったので、最初は付いていけない感をひしひしと感じました
平均年齢の割には(笑)すっごい熱気でした。

「玉置がんばれ!」

って温かい声援が、私の涙腺を緩ませました。

「陽水、桑田、玉置は天才!」が私の持論なんですが、
「天才玉置」は健在でした
曲創りも天才だけど、あの歌唱力は本当に素晴らしい!
若い頃のキレは少しなくなったけど、程よく枯れた感が加味されて私のハートをジワ~ッと震わせてくれました。

「夜のヒットスタジオ」「ザ・ベストテン」が隆盛を極めていた頃のヒット曲数曲は、
ギターの弾き語りで歌ったのですが、それがすご~~く良かった!
「恋の予感」なんか涙が出てしょうがなかったです

旭川時代からの安全地帯メンバーも、久々に会った同級生みたいな感じで懐かしかったです。
当然ですが、みなほぼ(笑)平等に歳はとっていくわけで、
アイドル並みの人気者だった「安全地帯」も、色んなトラブルやしがらみを抱えながら、
それに人生の悲哀や希望、喜びのメロディーをからませた大人のバンドになっていましたね。


ただひとつ興ざめだったことがあります。
客席におりてきた玉置さんが、ファンとタッチ&ハグをやりながら、
最後にある女性と抱き合ってキスをしたんですね。
観客は一瞬引いてましたが、よく見たらそれは奥様の青田さんでした。
ショートボブのウィッグを付けてたので、そのパフォーマンスがあるまでは、
誰も彼女と気付かなかったのでしょう。
その後もステージからの奥様への「熱視線」がねぇ~~~。
この方もやはり「無防備」がアダになるタイプですね

こちらもこれからも応援していきます!
奥様に体調管理をしっかりやってもらって、
「天才玉置」のメロディーでいつまでも私たちを酔わせてくださいね!



ブログランキング参加中です。
よかったら1日1クリックで応援お願いします。ランキング画面に変わったら投票完了です^^

 ↓  ↓  ↓  

ありがとうございます^^     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。