05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問いただいた方

プロフィール

陽花

Author:陽花
自然が大好き! 
だけど「人」も好き。

子どもの部活追っかけの合間に、
趣味の保存食作り、野菜作りもボチボチ進行中。

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早春はこの酸っぱさから♪

2013.02.08 09:27| 未分類
紫木蓮
 
今朝は南九州も厳しい冷え込みで、

庭の野鳥の水飲み場に薄く氷が張っていました。

でも季節は確実に進んでいます。

ご近所にある紫木蓮のつぼみも、

少しずつ膨らんできています。

梅と日向夏

そして春のおとずれを一番実感する食べ物は、この日向夏。

「誰も家族は食べないから採りにおいで。」

と、知人から声をかけていただきました。

かんきつ類の果樹にしてはめずらしい大木に、

たわわに実った日向夏。

思う存分ちぎらせていただきました(笑)。

日向夏

半分はジャムにする予定ですが、

やはり日向夏は生食が一番美味しいです♪

リンゴみたいにこうやってくるくると皮を剥いて、

そぎ切りにしていただきます。

酸っぱいけれで路地物は味が濃厚で、

春到来!を実感させてくれます。


関連記事

ぽっかぽか

2013.01.30 21:13| 我が家の庭
梅1


梅3


梅2


あっという間に1月も終わりですね。

相変わらず野暮用に追われる日々です。

それでもその野暮用がわたしのお役目(笑)。

お世話する人たちがいることの幸せを、

感謝せねばいけないと思う日々でもあります。



庭に梅が咲き始めました。

いつもはしだれ紅梅の方が先に咲くのですが、

今年はまだつぼみも固いままです。

どうしたのかなぁと、ちょっと心配。

週末は雨予報。

雨がつぼみに咲く季節が来たことを、

そっと教えてくれることを期待しましょう。


関連記事

今年もよろしくお願いします

2013.01.06 14:04| 日々の暮らし
あけましておめでとうございます。



主婦には長い長~い年末年始のお休みがやっと終わります(笑)

この時期は主婦にとってはある意味「魔物」。

もういい加減開放されないと身が持たない(笑)



認知症の母を実家から連れて来ての年越しは、

いろんな意味で笑いが絶えず刺激的で楽しいものでした。

障子の張替え、餅つき、お節つくりの手伝いと、

指示さえすれば母はまだまだ現役で本当に助かりました。

日時の認知能力は少しずつ衰えていますが、

まだそれもご愛嬌で済まそうと思えば済むかな。

とにもかくにも今年も母の自主性を重んじ、

サポートという形での介護を続けたいと思います。


正統派お節ではないけれど・・・。

保存容器に入ったものは「持ち寄り品」(笑)

おせち2
おせち1
おせち4
おせち3

関連記事

すきまのじかん

2012.12.19 21:49| 未分類
すきまのじかん
                            <図書館そばの公園>         


この季節の夕暮れ時が大好きだ。

冷たい空気の中、昼と夜が入れ替わる一瞬の「すきまのじかん」

泣きたいくらい好きだ。

明日という日が永遠にやってこないのではないかと、

いまこの瞬間が愛おしくて足を止め見入ってしまう。




すきまのじかん2
                                      <我が家の庭>


まばたきした瞬間に夜のとばりに魂を奪われそうで、

息をひそめて身動きしないでじっと見つめる。

わずかに残っている紅色(くれないいろ)のヤマボーシの葉が切なく揺れる。

その葉の下には、新たな命が宿っていることをわかってはいるのだけど、

永遠の別れを感じて哀しくなる。

それもこれも「すきまのじかん」の魔法かもしれない。




【すきまのじかん】

こどもたちが小さい頃、お気に入りだった絵本です。







関連記事

上がらない腰

2012.12.15 16:45| 日々の暮らし
ヤマボーシ2


ヤマボーシ

庭のヤマボーシが真紅に色づき落葉し始めた。

師走にしては暖かい雨に打たれ、美しさが更に際立っている。

例年はお盆頃に青葉のまま一度落葉する。

そして再度芽吹き葉を茂らせ、このように燃え盛る瞬間に尽き果てる。

それが今年は夏場に落葉しないまま紅葉を迎えた。

これが正常で今までが異常だったのかもしれないが、

とにもかくにも見惚れてしまう紅色(くれないいろ)だ。

あまりにも美しいので、押し花で貼り絵を創る知人に毎年届けている。


そしてヤマボーシがすっかり葉を落としてしまうと、

年末の仕度に重い腰を持ち上げなければならない。

のだが(笑)、今年は…いや年を追うごとにやっかいになってきている。

う~~~ん、歳のせいにしておこう(笑)


①障子張替え

②食器棚の整理。

③換気扇の掃除。

④餅つき機の手入れ。

⑤窓拭き


おっ、こうやって書き出してみると大したことでもないな。
(と、じぶんをごまかしてみる・苦笑)

来週には福岡の娘が、年末には実家の母がやってくる。

年末年始を楽しく過ごす為に美味しい料理は必須。

今年の正月は少しだけおせちを買って後は義母と私で手作りしたが、

今年は一切買わないつもり。

だって値段の割には美味しくないし、子どもに極めて不評だから。

おせち
 ☆今年のおせち☆

さぁさぁ、なんとかこの重い腰を上げて家族のために踏ん張らねば(^^)/
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。